ビタブリットCフェイスとニベアの使い方や口コミ

ビタブリットCフェイスとニベアの使い方や口コミ

ビタブリットCフェイスとクリーム

 

ビタブリットCフェイスニベアを使うのはビタブリットCフェイスの効果を高める上で効果的な使い方です。

 

ニベアは油性のクリームなので、ビタブリットCフェイスを肌に塗ったときに蒸発を抑えビタブリットCフェイスをより効果的に肌に供給できるからです。

 


ニベアの効果は保湿と潤い

まずはニベアの成分について確認しておきます。

 

ご存知の通り今のニベアには様々な種類があり、顔と体のケア用ではホホバオイルを配合したニベアソフトもありますがその中でもやはりニベアと言えばあの青缶です。

 

そのニベア青缶の成分は次のようになっています。

 

 

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

 

ニベアの成分を見てわかるのは、オイル・ワセリン・グリセリンと基本的に主な効果は保湿する事であり、スクワラン・ホホバオイルで肌に潤いを与える事ができる事がわかります。

 

他に特別かわった成分はないので、ニベアの効果はこの2つと考える事ができます。

ビタブリットCフェイスとニベアの使い方

このニベアをビタブリットCフェイスと一緒に使っている人の中には、ニベアにビタブリットCフェイスを溶かして使っている人もいるようですが、より効果的な使い方を考えてみるとニベアに溶かすよりビタブリットCフェイスを使った後にニベアを塗る方が効果的と言えます。

 

その理由は簡単で、ニベアに混ぜるということはビタブリットCフェイスが油で包まれてしまうので、直接肌に接触できなかったり、うまく肌に浸透せずクリームとともに蒸発してしまうかも知れないからです。

 

これらの事からビタブリットCフェイスとニベアを使うなら、ビタブリットCフェイスを使った後にニベアによるパックをするという感覚で使った方が良いと言えます。

 

ニベアは高級クリームの替わりにはならない

また、「ニベアにビタブリットCフェイスを混ぜると高級クリームと似た成分になる」という話もネットにはありますが、これはちょっとあり得ない話で、似た名前の成分があっても正確に見ていけば違うものだという事がわかります。

 

ただ半分くらいは高級クリームと同じ成分にはなっています。

 

しかしクリームですから成分が似てくるのはどれも同じで、例えば高級クリームには高価な海藻エキスなどが含まれていますが、ニベアとビタブリットCフェイスで海藻エキスに近い成分にはなりません。

ニベアを使った人の口コミ

ではニベアを実際に使った人は口コミでどんな評価をしているのでしょう。

 

ビタブリッドCフェイスはニベアに混ぜて使っています。最初は溶けが悪いかな?と思いましたが以外に使えます。

 

ニベアを顔に塗っていたらニキビができたので使うのをやめました。元々皮脂は多いほうなので私には合いませんでした。

 

化粧水にビタブリットCフェイスを混ぜて使っていますが、ニベアはその後に薄く伸ばして塗っています。塗りすぎるとベトつき感が結構あります。

 

ニベアを塗るのは肌に乾燥を感じた時や冬だけにしています。普段は美容クリームやパックをしています。

 

上手く塗れば翌朝のモッチリ感がでます。保湿が効いているのだと思います。

 

ニベアは油性クリームなので使用は自分の使用感にあわせて塗る事が大切な用です。

ビタブリットCフェイスとニベアの価格

ビタブリットCフェイスとニベアを使うとすると値段はどのくらいになるのでしょう。

 

ビタブリットCフェイスはお試し購入を利用すれば1,500円です。

 

ビタブリットCフェイスお試し専用ページ

 

これに対しニベアは中缶と大缶がありますが、大缶が169gで500円~600円なので、合わせると約2,000円(税抜)ほどとなります。

 

コスパも考えビタブリットCフェイスの効果を上げるならやはりニベアは良い選択になります。

 

 

 

page top